トップページ > 総合案内 > 【学習論】早めの対応が後々に大きく差をつける > 【学習論】早めの対応が後々に大きく差をつける

【学習論】早めの対応が後々に大きく差をつける


【学習論】早めの対応が後々に大きく差をつける

随分とブログの更新が遅くなってまいりました。





数少ないこのブログの読者様には、ご迷惑をおかけしております・・・。





最近は



『テスト対策講座』に加えて、





体験授業のお問合せも立て続けにいただきまして、





ブログの更新まで手が回っておりませんでした。





久方ぶりの更新となります。





今日のテーマは



『早めの対応が後々に大きく差をつける』





このことについて、お話したいと思います。







大学入試改革に伴い、





昨今の子どもたちは





●読解力



●英語4技能



●数的演算能力





様々な能力を高いレベルで求められています。









その一方で、未だに



こういった声もお聞きします。





『高校入試って、中3からで大丈夫だよね』





『中学校で勉強しなくとも、高校で挽回すれば大丈夫』







結論から言いますと、





『ほぼ無理』





とお伝えいたします。







それもそのはずです。







文科省が想定しているレベルに



達することができる子どもたちは、一握りです。







そういった子たちでさえ、



普段から勉強を積み重ねた上で





ようやく先ほど挙げた新制度入試に対応できる





そんな次元の話となります。







【高校から頑張ったら大丈夫】





こういった言葉は、向こう10年通用しなくなります。







広島は中学受験勢と公立進学勢で



二分しています。







公立進学勢の子たちが



ウチの塾に来てくれるわけですが





中2より中1、中1より小6というように





もっと早めから来てくれれば





『違う進路もあったのになぁ』と思うことは





本当によくあります。







今勉強を必要としていなくとも





長い目を見て





お子さんの将来を考えてあげてくださいね!







それでは!

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島の1対1進学個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.