トップページ > 総合案内 > 【入試対策】受験生になる前に!入試対策を始める前の心得 > 【入試対策】受験生になる前に!入試対策を始める前の心得

【入試対策】受験生になる前に!入試対策を始める前の心得


【入試対策】受験生になる前に!入試対策を始める前の心得

1月の中旬になりました。





少しずつ入試が近づいてきており、





受験生にも緊張や焦りが見えつつあります。







「まだもう1年あるから・・・」





「まだ中1だし・・・」





こういった声が聞こえることもあります。





が、





そんな人に限って、





実際に受験生になったときに





「もっと早く始めておけばよかった・・・」





と後悔する場合が多いのです。







その原因として、





・入試問題は難しい(らしい)から、取り組みたくない



・まだ習っていない範囲があるから、解けない





・どこから手を付けたら良いか分からない





こういったことが挙げられると思います。









そのために、





ほとんどの人が入試対策を





先送りにしてしまって





受験生になった後で





「大慌て」してしまうことになるのです・・・。









そもそも





「入試対策」







この言葉が堅くて





難しそうに見える原因を作っている気がします。







入試問題はあくまでも





教科書や定期テストの延長線上にあるものです。







簡単な問題ばかりでは決してありませんが、





基本事項を捉えた問題たちが





厳選されて出題されます。







つまり、





「日々の基礎固め」が





何よりも入試対策へとつながるわけです。





※ココが重要です。









普段のテスト勉強では





テスト範囲を固めて勉強すると思います。







入試対策では





「その範囲を小刻みして基礎を固める」





この演習の繰り返しとなります。







「何かすごいことをしないといけない」と漠然とひるむのではなく、





「これまで学んだことを固め、少し発展的な問題に取り組む」







これだけで



十分入試対策へとつながっています。







数年後に受験生になる人たちに



少しでも参考になれば幸いです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島の1対1完全個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.