トップページ > 総合案内 > 異例の休校要請で『高校入試』はどうなるのか > 異例の休校要請で『高校入試』はどうなるのか

異例の休校要請で『高校入試』はどうなるのか


異例の休校要請で『高校入試』はどうなるのか

先日の総理大臣による全国の小・中・高・特別支援学校における休校要請ですが、





可能性としては「あるだろう」と思ってはいましたが、



思った以上にスピーディーに決断に至ったなあと感じています。







ただ、学校では年度末といった最悪のタイミング。





高校入試、卒業式などと時期が重なってしまう状況です。







本校も受験生を抱えている手前、



高校入試にはシビアに反応せざるを得ません。







現時点で何点か気になる点がありますので、可能性とともにまとめます。





①日程をどうするのか。



⇒通常2日間実施だが、1日実施もあり得るか。







②受験時の対応はどうなるのか。



⇒万が一コロナに罹患した際は、別日受験可能なのか。

(その際、1週間後に受験であれば合格発表日が大きくずれ込むことも考えられる)





⇒また例年通りの1クラス40人程度の教室受験であれば、集団感染のリスクもあるが、どうなるのか。









実態が未だ分からず、抗生物質も現時点ではない。



未だかつてないレベルでの感染が懸念される中で、



今後どういった対応になっていくか、



情報を引き続き注意していかないといけません。





手洗い・うがい等のできることから、励行しましょう。







それでは!

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島の1対1完全個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.