トップページ > 総合案内 > 「ドリルを買い与える」、間違った学習させてませんか? > 「ドリルを買い与える」、間違った学習させてませんか?

「ドリルを買い与える」、間違った学習させてませんか?


「ドリルを買い与えるだけ」、そんな間違った学習させてませんか?

学校は休校となっていますが、



衛生対策を行いつつ、塾は開校しております。







まだ予断を許さない状況ではありますが、



春期講習の準備も例年通り着々と進めています。









さて、本来であれば



学校の授業を受けているはずなのですが



今回の休校要請によって多くの子どもたちが



学習の機会を失っているかと思います。







こんな時だからこそ、



【お子さんに勉強をさせてください】









学校の授業がストップしているということは、





『これまでの学習を復習する時間がある』ことに他なりません。









日本の学校教育のカリキュラム上、



復習の時間を取れるのは長期休暇しかありません。







今回のようなケースは、極めて稀なことです。







僕から言えることは1つ。



【勉強を一緒に見てあげてください】







勉強について保護者の方が関わる機会は、



日常であれば



①塾の面談の際



②学校のテストの際



③成績が返ってくる際







こういった場合でしょう。





お子さんが普段どうやって勉強しているか、ご存じですか?









そうは言っても


「仕事の都合上、勉強を見る時間がない」


そういった声もあるかもしれません。





もちろん、付きっきりで見るのは難しいでしょう。





だからと言って



「ドリルやテキストを買い与えて終わり」は、やり方としては最悪です。





ドリルはおおよそどの子に対しても、



基本的な演算の定着には効果を望めますが





テキストは選び方を間違えると



『逆効果』になることもあります。



(これは、以前から散々お伝えしてきております)







まして、



「いきなりテキストを買ってきて、今日から学校休みなんだから1日〇ページやりなさい」





こんな声掛けをされている保護者の方は



僕のブログを読んでいる方の中にはいらっしゃらないと思います(思いたいです)







子どもたちは、基本的に「勉強は嫌い」なんです。







では、



どうやってやる気を出す方向へ向けていくか。





【声掛け1つで子どもは変わります】







もしご興味のある方がいらっしゃれば、



ぜひ一度本校へと足をお運びくださいね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島の1対1完全個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.