トップページ > 総合案内 > 【学校再開を前に】休校期間にできた『学力格差』への懸念 > 【学校再開を前に】休校期間にできた『学力格差』への懸念

【学校再開を前に】休校期間にできた『学力格差』への懸念


【学校再開を前に】休校期間にできた『学力格差』への懸念

少しぶりのブログ更新となり、ご心配おかけいたしました。





広島市の休校期間中にも、可能な範囲で授業を続けております。





先日の緊急事態宣言の解除を受けまして、通常授業の体制へとシフトしております。







さて、緊急事態宣言が発出されてから、学校休校等の実施がなされ、約2か月ぶりに学校の授業が6月1日を目途に再開されようと進んでおります。







この間、様々な課題が各教科から出されたことを、子どもたちを通じて知っております。







中・高生では、すでに5月~6月辺りまでの予習課題が出されている学校もあります。









今一番に懸念しているのは、普段学校以外に学習する環境がない子たちへの支援です。







塾生の子たちは、いくら予習範囲が広がったところで、僕がサポートできるので基本的には問題ありません。







ただ、塾へ通っていない子の中には、予習が進められない子たちも数多くいると思われます。





これが学校が再開した際に、『学力格差』として表れることを懸念しております。





きっちりとサポートできる体制が学校全体で取れるか、という点になります。







短くも学校現場にいた身としては、少々厳しいのではないかと考えています。





例年、学校現場に時間的余裕はありません。







それに加えて、今回のコロナウイルスの件では、授業を2か月遅れでスタートすることになるため、







すでに報じられている通り『長期休暇の日数削減』が確実に行われるでしょう。







とすれば、もし学校の授業についていけない子が一定数出たとしても、それを補習する時間の確保もできないはずです。







この問題は結構深刻な話であり、この1年の学校現場の課題となることは間違いありません。







今現在、学習できる環境は塾を含む学習施設を問わず、オンライン授業や配信授業など多様にあります。







これらを上手に活用することで『学力格差』を埋めていくことが求められます。







本校では『オンライン授業』を既に実施しています。







目の前で指導することに優るとは思いませんが、少なくとも『先生から教わること』で、分かりやすくなることは確かだと思います。







今回を機に、『家の中でも学習できる学習環境』を一緒に考えてみませんか?





いつでも相談、お待ちしております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島の1対1完全個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.