トップページ > 総合案内 > 【勉強論】勉強のやり方が分からない子どもと教えてくれない学校 > 【勉強論】勉強のやり方が分からない子どもと教えてくれない学校

【勉強論】勉強のやり方が分からない子どもと教えてくれない学校


【勉強論】勉強のやり方が分からない子どもと教えてくれない学校

来週には、どうやら梅雨明けを迎えるようですが、その前に依然大雨の危険性もあるようです。より一層注意が必要ですね。

さて、今日のテーマは【勉強のやり方が分からない子どもと教えてくれない学校】です。

子どもたちは日々の勉強で悩み、苦しみ、何とか理解しようとします。ただ、テストの点数が悪かったり、授業で分からないところが出てくると、「難しすぎて分からない」と勉強に向かなくなることは多々あります。

勉強には「正しいやり方」があります。もちろん、万人に当てはまるものはないと思いますが、その子に合ったやり方は考えられるはずです。

例えば、英単語1つ覚えるにしても、書いて覚える、聞いて覚える、発音して覚える、見ることで覚えるなど、様々な勉強の仕方があります。

本当は読んで覚えるのが得意なのに、書いて覚える方法しか知らずに勉強していたら、大きな時間的なロスとなります。

本来であれば、勉強のやり方は学校が教えるべきだと思いますが、現実問題として学校現場はそれ程余裕は無いでしょう。

「自分に合ったやり方を見つけなさい」と言われる保護者の方もいらっしゃいますが、どんなやり方があるかを知らない子どもがほとんどなのです。

●どの勉強法が自分にとってベスト(取り組みやすい)か。
●どうすれば頭に入るか。

この視点で今一度、勉強を捉えなおしてみてくださいね!

ページトップへ戻る
Copyright(C) 【個別指導】広島の1対1完全個別指導塾メイクアップ All Rights Reserved.